外構・エクステリア総合サイト|カーポートや、ガーデニングについても!

外構・エクステリアから考える未来につながる住まいづくり
外構の概要 3つの外構スタイル 費用の相場 新築のタイミングで 配置計画(ゾーニング) 使い勝手をイメージ カーポート工事 リンク集
外構(エクステリア)の大切さ

あなたが新築の家を建てる時に、何を重視しますか?
家自体の外観だったり、内装や地震対策など、重要視するポイントは山ほどあります。オシャレな家に住みたい、安心安全な家に住みたいなど、いろいろな点でこだわりたいですよね。しかし外構がちゃんできていないと、どんなにオシャレなお家もみすぼらしく見えたり、住みづらく機能性のない家になってしまいます。
一般的に新居を構える際は、全ての予算の1〜2割ほどを外構に充てた方が良いとされています。
このサイトでは、新しく建てる家に何十年も住むことを考え、未来の家族が暮らしやすいよう、家づくりの基本となる外構にスポットを当てて解説していきます。

街並みに溶け込む外構
エクステリアで住空間と街並みを繋げ、緑あふれる豊かな住空間を創造。
徹底したヒアリングでお客様の理想の外構をカタチにします。
庭芯設計事務所 名古屋ブランチ:名古屋市西区中小田井2丁目115番地
電話でのお問合せ:052-506-2051
http://niwashin.co.jp/

外構(エクステリア)の成り立ち

日本の建築は、建物の内部を快適にしていくことで居住性を高めて、そこに居住空間としての価値を求めてきました。しかし高度経済成長を境に、次第に人々の生活は豊かになり、衣食の質が向上することと相まって、外構(エクステリア)も含めた居住空間への意識も飛躍的に向上することとなりました。
近年、広い敷地内に余裕のある空間を持った、個性的なデザインの住宅が増えてきており、それに伴って塀や庭、門に芝生や植栽などが施され、外構環境は飛躍的に良くなってきています。
また高層マンションや共同住宅など、人々の住まいに関する状況は多様化しており、そうした住環境にあった外構スペースの確保・利用方法が、そこに住まう人々の快適さを追求することの重要なポイントになってきています。

外構(エクステリア)の意味と役割

先代から受け継いだ土地や自らが購入した土地など、人々は自分の所有する土地に愛着を持ち、それをアピールするためにいろいろな工夫をしてきました。特に自分の所有する敷地には、門や塀、柵などを作り、自らの所有物であることを誇示してきました。それと同時に美観やプライバシーを保護する役割、盗難防止、侵入者を防ぐためといった他者へ目配せする目的も持っています。
外構は塀や門造りだけではなく、所有する敷地に機能性を持たせ、人々が安心かつ安全に生活できるように配慮することが目的です。

エクステリア・庭のリフォーム
ガーデニングのプロが厳選したエクステリアアイテムでお庭をイメチェン!
千年翠(せんねんのみどり)
福岡市東区名子3丁目2-36 tel.0120-28-3348
http://www.sennennomidori.com/